<< プロレスリングアライヴがネパール支援協力 | main | 【末吉&梅沢参戦情報】8.8北都プロレス北斗大会 >>

スポンサーサイト

  • 2015.12.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「渚大士のカタカナ団体blog〜番外編〜」

あの頃、俺たちはプロレス少年だった。

 まわりのみんなが、野球やサッカーに夢中になる中、
俺はクラスでただひとり、
プロレスに夢中になり誰がなんと言おうと、ひたすら夢中になり、大人になった今でもそれは変わらずに、リングアナとして選手たちとサーキットさせていただいて、選手になる夢は叶わなかったけど、それでも自分の中で有意義な時間を過ごしています。



 あの頃夢中になった団体のひとつにFMWという団体があります。


最近のファンの方々はピンとこないかもしれません。

しかし、大仁田厚と聞けば誰でも わかると思います。

来月、
8月7日、群馬県館林で、藤原秀旺が大仁田厚とタッグを結成します。


まだ僕と藤原秀旺が決別する前の話し…

いつも二人で試合会場に向かう車内、昔話しが尽きず、移動時間が6時間、7時間でも、他の人が寝ようとも、二人は熱く昔の話しをしながらサーキットしてました。

その時 必ずと言っていいほど話しになるのがFMWでした。

俺と藤原秀旺にとって大仁田厚は永遠のヒーローでした。今でも変わりません。


藤原秀旺がデビューした当時、大仁田厚とタッグを組むなんて、俺は全く想像すらしなかったし、藤原秀旺本人も きっと そうだと思います。


以前、藤原秀旺が語ってました。

「もし、いつか大仁田さんと組めたり試合する日がきたら、ファン時代に買ったFMWのジャンパーを着て入場する」と。

そんな、俺たちの中で夢のまた夢であった話しが、ついに実現します。

先日、藤波さんと試合したのも俺の中では衝撃でしたが、

ハッキリ言って、それ以上の、俺らの中でははるかに次元が違う事件なわけです。


大仁田厚は、今でも手が届かない大スター、俺の永遠のヒーローです。

藤原秀旺としょっちゅう話していた夢がついに実現とあって、彼自身も思うところは あると思います。

最近は決別してしまい、彼の言葉を聞き出すことはできないけれど、

あの頃、熱く語っていた夢がついに叶うわけで、俺の夢でもあるわけです。どうか、少しでも いい、俺の気持ちも藤原秀旺に託したい。

俺は選手じゃないから、俺の今の夢というのは大仁田厚をコールする事だけれど、

あの頃の気持ちが嘘じゃないなら 仲間割れしてしまった今でも藤原秀旺は俺の気持ちも乗せて試合をしてくれると信じています。


そして、この試合で、なにか藤原秀旺の気持ちが少しでもまた、

東北の復興にまた目を向けてくれるような、
震災直後に山田町で試合をした時のような熱い気持ちを甦らせてくれれば俺は もう、何も言うことはありません。


大仁田厚と藤原秀旺が入場してきたら、俺は間違いなく泣きます。

アライヴとかアライヴァルとか関係ないです。

俺と藤原秀旺の夢がついに叶う8月7日。

目に焼き付けたいと思います。




8月7日(金)
群馬県館林市・下町郵便局隣駐車場特設リング
メインイベント
有刺鉄線ボードストリートファイトタッグデスマッチ
時間無制限1本勝負

大仁田厚&藤原秀旺
vs
島田宏&茂木正淑

スポンサーサイト

  • 2015.12.01 Tuesday
  • -
  • 18:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM